5月の真夏日に「あゆみ運動会」を開催!


父母会共催行事としての「あゆみ運動会」

undokai
あゆみの家では、利用者・保護者の皆さんと職員の交流や親睦のための父母会共催行事を5月下旬に開催しています。

今年も5月30日に「あゆみ運動会」と銘打って屋内ホールや中庭で開催して、歓声や笑い声に包まれ、とても盛り上がりましたが、舞台裏では担当職員が気配りや下働きで何かと苦労していました。

利用者さんの体力や健康を考えながら作り上げたイベント

tamaire

運動会は利用者の皆さんの体力や健康を考えて午前中の1時間半行いました。

それでも今年は真夏日が続いていたので木陰を利用したり、水分補給をこまめにとるとか、体温調整が難しい方は廊下での参加にしました。

種目は、利用者・保護者の皆さんによる
「グループ対抗玉入れ合戦」
「職員によるグループ対抗綱引き」
最後にグループのリーダー、サブリーダーによる
「組体操」でした。

保護者の方々のご意見や感想

保護者の皆さんのアンケートでは、やはり屋外利用や暑さの心配や留意点についての意見が多く出ましたが

「綱引きと組体操はメチャおもしろかった!」
「来年も利用者、保護者が参加できるようにさらに工夫を!」

等、内容については、十分楽しんでいただけたようです。

父母会からは飲物の差入れをいただき、福祉ホームの職員や音楽大学の学生さん、通所バスの添乗員や運転手さんもボランティアとしてお手伝いをしていただきました。「職員だけでなく、協力事業所やボランティアの皆さんと一緒に施設作りを進めたい」という趣旨が実感できるイベントになりました。