数字で見る 平成25年度の事業実績

タグ: ,

number

平成25年度の1年間の活動をふり返った事業実績報告の数字からあゆみの家の特長が見えるので紹介します。

利用者の通所率:88%

過去5年間が平均82%だったので25年度はとても高い通所率でした。ここ3年で特別支援学校を卒業した元気な若者が6名加わったことや病気や入院で休みがちだった方が元気に通えるようになったことが通所率を上げました。

欠席の理由としては「病気、発作、通院、入院」が50%

最も多い欠席理由は「病気、発作、通院、入院」で約50%を占め、次に多いのが「家庭の事情」の30%、他の福祉施設やサービス利用が20%と続きます。

短期入所の年間宿泊日数:211日

あゆみの家の短期入所は1床で日中ショートステイもここで行っています。短期入所の利用者 の4割が男性、6割が女性で、女性の利用が多いのがあゆみの家の特長です。

土曜ケアサポートの利用登録者のうち、あゆみの家の利用者は50%

土曜ケアサポートの利用登録者のうち約50%はあゆみの家の利用者で、あゆみの家以外の施設を利用している方も50%いま す。利用申し込みは毎回25名程度ありましたが、毎回1、2名が病気や急用でお休みになったため実際の利用者数は平均23名でした。

入浴サービスの年間利用者数は1,037人

月平均では86名の方にサービスを提供しました。あゆみの家の浴室は、普通の大型浴槽とスト レッチャーに乗ったまま入浴できる機械 浴槽があります。

月平均の医療的ケアの提供件数:1,150件

生活介護と土曜ケアサポートでケアを提供していて、吸引や吸入、経管栄養、導尿 等9種類のケアを提供しています。生活 介護の利用登録者は8名です。

ヒヤリハットの報告件数:18件

この数字が少ないからいいと一概には言えません。様々な気づきや報告を教訓にして安全・ 安心をどのように高めるのかという取り組みが大切です。

ヒヤリハットとは => Wikipedia
 

あゆみの家の常勤職員数:40名

職種別にみると生活支援員32名、看護師4名、運営係2名、所長、副所長という構成です。

職員の有給休暇の取得率:60%

運営移管の1年目が50%を下回る状態(全産業の平均は50%)だったので相当改善しました。業務に慣れてきたことやチームワークの向上に努めた成果だと思います。また職員のメンタルヘルス研修や衛生委員会の発足等の取り組みも始めました。